西建の高橋です。今回は筑紫野市のN様邸で屋根の漆喰工事をしました。

 

初めに瓦を汚さないために養生します。

鬼瓦面戸補修 

鬼瓦に漆喰を塗りこんでいきます。

鬼尻も塗り込んでいきます。

棟面戸漆喰も綺麗に塗り込んでいきます。

壁のし面戸補修

無事完工できました。西建が使う漆喰は、粉漆喰に水を入れ、練り上げて使用します。

漆喰は何らかの原因で漆喰が割れたり劣化したりします。そこから最悪雨漏りしてしまいます。割れた漆喰が雨樋の中に落ち詰まらせることになります。

また、棟が崩れてしまいます。崩れた個所は新しく積み直ししなくてはいけません。そうならないためにも定期的なメンテナンスが必要です。しかし、下からでは二階の屋根の状態は中々見えません。

しかし西建では、工事をした箇所は1年に一回の無料の点検をしています。

アフターメンテナンスもバッチリですので、何かお困りのことがありましたら、お気軽に有限会社 西建までおお問い合わせください。

 

前回の漆喰工事