どうも、西建の高橋です。今回鳥栖市のT様邸で屋根の谷板金をやり替える工事をしました。

板金が錆びてしまっていたので、錆びないガルバリウム合板を新設します。

こちらの谷板金は、雨樋が板金の上を通るようになっているため、錆びやすくなっています。塗装してもすぐ穴が開いてしまうので、塗らずにやり替える方法にしました。

まず、板金を取り外さなくてはいけません。そのためには谷板金の横の棟をばらさなくてはいけません。

棟瓦を全て撤去します。

棟の中には、土が入っています。

防水シートを貼り直します。

ガルバリウム合板を貼ります。

 

次に、撤去した棟の部分の積み直しです。

ガルバリウム合板を綺麗に貼り直すことができたら、棟を新設します。黒なんばん漆喰で土台を作ります。

黒なんばん漆喰の上にのし瓦を、乗せていきます。

3段積んでいきます。ガンブリを綺麗に乗せ、固定します。

 鬼瓦を黒なんばん漆喰で巻きます。

 

谷板金は、穴が空いてしまうと室内に雨漏りしてしまう大事な場所です。塗装で何年か待っても定期的に塗装しなければいけません。今は錆の出ない良いものが出ています。

何かお困りのことがありましたら、有限会社 西建までお電話ください。

TEL 092-588-0775