どうも!西建の高橋です!今回は宗像市のI様邸で屋根漆喰工事をしました。棟の下に入っているセメントが古くなり、簡単に取れるようになってしまう状態だったため新しく漆喰を詰めて補習する工事です。

 

↓セメントが外れて中の赤土が見えてしまっています。この状態を放っておくと棟が下がってしまい、最悪雨漏りしてしまいます。

①養生↓

初めに瓦を汚さないように養生テープを貼ります。漆喰は白いので瓦に着いたら汚くなるのを防ぐ役目があります。

②漆喰↓

養生が終わったら漆喰を詰めていきます。

↓鬼瓦の所は漆喰で巻いて頑丈にします。

仕上がりです!↓

全ての漆喰工事がおわりました。漆喰は屋根の上にあるためどうしても見逃しがちです。悪い状態のままにしとくと大変なことになるので、そうなってしまう前に早めの工事が大切になってきます。

何か気になることや聞きたいことがある方は有限会社西建までお電話ください。

TEL 092-588-0775

前回の漆喰工事↓

http://nishiken-reform.com/news/684/