どうも、西建の高橋です。今回は糸島市のN様邸で破風板の塗装工事をしました。破風板というのは、瓦のしたの辺りについているもので非常に大切な部分です。しかも今回は特殊な破風板だったので特別な塗料で塗ります。

塗る前の破風板です↓

作業手順

下地処理▶下塗り▶上塗り

 

下地処理

初めに下地処理をします。塗料を全て剥がす作業になります。1番大事な作業なので丁寧にします。

下塗り

今回の破風板はキシラデコールという特殊な木目が出るタイプの塗料で塗らなければなりません。普段使ってる塗料よりも、少し高価です( ̄▽ ̄) その分綺麗に仕上がります。

上塗り

2回目の塗装です。キシラデコールは木に塗料を吸わせ、木目を出すタイプの塗料なので2度塗りすると木が塗料を吸わない場合があります。なので職人さんの判断で2度塗りする所としない所を決めます。

(カメラ目線の職人中島さん)

 

仕上がり

全て塗ることが出来ました。約半日で工事の方は終わります。今回は特殊な塗料(キシラデコール)で塗りましたので綺麗に仕上がりましたね。木目が綺麗に出ています。

塗装工事で何かお困りの方は有限会社西建までお電話お待ちしてます。

TEL 092-588-0773  担当 高橋